愛犬生活を楽しむブログー元パピーウォーカーのつぶやき

元盲導犬パピーウォーカーが愛犬生活を楽しむコツをご紹介します。パピーウォーカーの裏話も。

犬といっしょにドライブ!マナーと車酔いについて学ぼう!

f:id:kawajihotspa:20180907014623j:plain

犬を飼っていると、車でドライブ旅行に出かける
機会がありますよね。

 

かわいい犬とのドライブ旅行は、愛犬家にとっては

楽しみのひとつです。

 ただし犬を車に乗せて出かける際や、いくつかの

注意点、知っておくべきマナーがあります。

 

また犬の車酔いについても知っておく必要があります。

 

ここでは愛犬とドライブに行く場合の注意点、マナーに

ついてまとめました。

犬が車酔いしないための対策は?

f:id:kawajihotspa:20180523202313j:plain

犬も人間と同じく車に酔います。

 車に揺られて、三半規管が刺激を受けるためです。

 

ではどうすれば車酔いをしにくくなるかというと、
まず後部座席に乗せること。

 

前の座席より揺れが少ないためです。

 

さらに犬用のシートベルトをします。

こうすることで揺れを抑えることができますから。

 

犬を車内で自由にさせない 

f:id:kawajihotspa:20180907014626j:plain

 

 シートベルトをすると、犬が前に行ったり後ろに行ったり、

自由に動けまわれなくなります。

 

ワンちゃんの自由を奪うようでかわいそうな気もしますが、

犬と家族を守るためにはこれが安全です。

 

犬が自由に車内を動くと、運転手の注意が散漫になりますし、

ドアを開けたとき、犬が飛び出すことも考えられます。

 

これまで犬を車内で自由にしていた方は、シートベルトを

用意してくださいね。

 

荒い運転をしない

f:id:kawajihotspa:20180729232232j:plain

犬の車酔い防止には荒い運転をしないことも大切です。

 

急がつくことをしないことですね。急発進、急ハンドル、

急ブレーキなど。山道などもゆっくり走りましょう。

 

食事は3時間前までに済ませる

f:id:kawajihotspa:20180731231327j:plain

車酔いしないためには、犬の食事は出発の3時間前までに

済ませるようにしましょう。

 

食べてすぐの状態だと、もどしやすいですから。

 

犬とのドライブにあると便利なもの

f:id:kawajihotspa:20180810100843j:plain

  • 迷子札
  • おもちゃ
  • おやつ
  • 消臭剤
  • 防水シート
  • 飲み水
  • タオル、ウエットシート
  • ビニール袋

 

あとは必要に応じて用意しましょう。

 

出かけた際のマナー:犬きらいに人に配慮して

f:id:kawajihotspa:20180810093536j:plain

愛犬家には想像しにくいですが、犬がきらいな方もいます。

 

いくらしつけた犬でもノーリードで歩かせることは

やめましょう。

 

歩かせる際はリードを短めに持ち、自分の横にぴったりつけ、

前に行きすぎないようにします。

 

また宿泊施設では施設内でのルールにくれぐれも

従うようにしましょう。