愛犬生活を楽しむブログー元パピーウォーカーのつぶやき

元盲導犬パピーウォーカーが愛犬生活を楽しむコツをご紹介します。パピーウォーカーの裏話も。

パピーウォーカー経験者は語る:別れはつらい?二度と会えない?

f:id:kawajihotspa:20180811213708j:plain

パピーウォーカーは盲導犬候補の子犬を預かり、1歳まで

一般家庭で育てるボランティアです。

 

テレビなどを通して知っている方は多いでしょう。

 

私は1頭だけですが、盲導犬センターからラブラドールを

預かり育てた経験があります。

 

ラブラドールの女の子、かわいかったですよ(^^

 

パピーウォーカー期間中に家の近所を散歩していると、
よく犬好きの方から話しかけられました。

 

わたしが「パピーウォーカーで預かっているんです」というと

「別れる時つらいでしょうね」などと言われたことがあります。

 

犬との別れが近づいたとき、また実際に犬と別れたとき、

パピーウォーカーってどう思うのでしょうか?

 

私の経験をもとに書きますね。

 

別れを意識したのはいつごろから?

f:id:kawajihotspa:20180811213635j:plain

うちにラブの子犬が来たのが5月後半。

その子の誕生日は3月27日でした。

 

その年の秋には犬が落ち着いてきて、平和な毎日が続きました。

そしていよいよ別れを意識したのは年が明けた1月。

 

めんどうを見てあげられる期間が3ヵ月を切って、

もう少しになっちゃったなあ、って思っていました。

 

3月に入るとカウントダウンの気分。犬の顔を見て

涙を流すことも多かったです。

 

お別れは3月31日

f:id:kawajihotspa:20180811213544j:plain

盲導犬センターに犬を返したのは3月31日。

その日は日曜日で、隔週のパピーウォーカー研修会があったんです。

 

その研修会に出席した後、犬をセンターにおいて

帰ってきました。

 

別れのときは涙、涙・・・

家に帰っても涙が止まらなかったのを覚えています。

 

別れはつらいです。でも別れてもきっと元気でいてくれる、

盲導犬になってもならなくても、きっと誰かにかわいがって

もらえる、そう確信していたので不思議と安心感はありました。

 

預かった犬とはまた会える?ちなみに私の場合・・・

f:id:kawajihotspa:20180811213630j:plain

パピーウォーカー期間が終わり、犬を返した後、

またその子に会えるかどうかは、その協会により違うようです。

 

また会える機会を用意してくれる団体もあるようですし、

そういった機会がない団体もあります。

 

また盲導犬にならなかった犬をパピーウォーカー宅で

引き取れる団体もあります。

 

ちなみには私は預かった犬とは会っていません。

 

さみしいけどどこに行ってもかわいがってもらえるよう

育てて、パピーウォーカーとしての最低限の

責任は果たせたという満足感はありました。

 

もしあなたのおうちがパピーウォーカーをやれる環境にあり、

興味があるなら、ぜひ経験してほしいです。

 

大変なことも多いですが、とても貴重ないい経験ができます。

 

少しはだれかの役に立てている、という心のゆとりも生まれます。

特にお子さんがいる家庭ではぜひやってほしいです。