愛犬生活を楽しむブログー元パピーウォーカーのつぶやき

元盲導犬パピーウォーカーが愛犬生活を楽しむコツをご紹介します。パピーウォーカーの裏話も。

犬の保険、ペット保険は必要か?他の飼い主さんはどうしてる?

f:id:kawajihotspa:20180524113912j:plain

 

犬との生活は楽しいものですが、犬のけがや病気は避けることはできません。

 

そんな時に役立つのがペット保険です。

ただペット保険は強制ではないので、入っていない方もいます。

 

 

犬の場合はペット保険に入ったほうがいいのでしょうか?

それとも加入せず、保険料の分を現金や預金として

持っていたほうがいいのしょうか?

 

犬のペット保険の必要性について考えてみます。

 

日本のペット保険の加入率、驚きの○○%!?

f:id:kawajihotspa:20180524114103j:plain


日本のペット保険(犬、猫)の加入率は最近の調査で6.3%。

イギリスの25%とくらべるとかなり低いです。

 

人間の場合は何らかの健康保険に加入しているので、

医療費の自己負担額は30%ですが、犬猫の場合

すべて自由診療なので自己負担額は100%です。

 

高額な治療費がかかる割に、加入率は低いといえますね。

犬の治療費はいくらかかる?平均額は?

f:id:kawajihotspa:20180523202400j:plain

犬の治療費は病気やけがの内容によって大きく変わります。

通院する場合と入院する場合でも大きく異なります。

 

アニコム損害保険株式会社公式サイトには、

1年間(2014年)に犬、猫にかけた費用として

 

  • 病気やけがの治療費:80,912円
  • ワクチン、健康診断等:28,311円

という数字が記載されています。

 

犬、猫合わせての金額なので犬だけの数字はわかりません。

でも合計すると年間100,000円は超えていますね。

 

中には1年間まったく病院に行かなかったという犬もいるででしょうから、

大病をした犬の場合はかなりの金額を払っていることが予想できます。

 

犬のペット保険はいくらかかる?

f:id:kawajihotspa:20180523202310j:plain

 

気になる犬の保険料金。アニコム損害保険を例にとります。

  • 新規契約
  • 支払割合:50%
  • トイプードル0歳

の場合、月額保険料2,680円。年払いで29,290円です。

 

契約時の年齢や犬種によって保険料は変わります。

例えば柴犬5歳の新規契約なら月額3,280円、年払い35,810円です。

 

これを高いと見るか安いと見るか・・・判断はむずかしいですね。

 

病気やけがをしない子であれば高いと感じるでしょうし、

万が一大きなけがや病気を経験した飼い主さんは、きっと安い

と感じるはずです。

 

まずは資料を取り寄せて検討してみては?

f:id:kawajihotspa:20180523202348j:plain

ペット保険については知っているものの、多くの方は

ペットがいざ病気になってから保険を検討するようです。

 

保険は必要ないという飼い主もいれば、保険に入っていれば

よかったと感じる飼い主もいます。

 

前の犬には必要なかったけど、今飼っている犬には必要、という飼い主から

加入しているだけでも安心という飼い主もいます。

 

保険に対する考えや経済事情、ペットの健康状態はそれぞれ違います。

 

結局は自分で判断する必要があります。

 

ただし保険について知っておいて損はありません。

資料を取り寄せるなり公式サイトで調べるなりして

判断するのがいいですね。